1. ホーム
  2. 活動報告
  3. 道内
  4. 平成29年第1回北海道議会定例会

活動報告

平成29年第1回北海道議会定例会[道内]2017年06月30日

平成29年第1回北海道議会定例会が2月24日に開会し、28日間の会期で3月23日に閉会した。

定例会の初日、高橋知事は道政執行方針演説で「知恵と行動で未来を拓く道政」「人々が輝く社会、安心の暮らしを実現する道政」の2つを平成29年度の道政運営の基本として、北海道150年という歴史の大きな節目に道政運営を担う責任の重さに思いを新たにして、大切なふるさと北海道をより豊かな地域に築き上げ、次なる世代にしっかりと引き継いでまいりたいと決意を語った。

続いて、道政執行方針の重点施策を展開していくことを基本に編成された、2兆7,534億円の平成29年度一般会計予算案や条例案など計61件の議案提出があった。

また、高収益な作物や栽培体系への転換を図るため、農業者が行う施設整備等に対して支援することとして産地パワーアップ事業費13億4400万円など一般会計補正予算案を可決した。

今定例会は、交通政策をめぐる問題、経済・雇用・観光対策、行財政運営など道政上の重要課題について活発な議論が行われた。

最終日は、平成29年度予算案などの議案を可決したほか、北朝鮮のミサイル発射に抗議する決議案や、海洋ゴミの処理等の推進を求める意見書等2件の意見書を可決した後、閉会し、28日間の会期を終了した。

ページの先頭へ

他の活動報告[道内]最新10件

[道内]一覧へ